東京大学新図書館計画公式ウェブサイト。最新情報をお届けします。

東京大学

東京大学新図書館計画

EVENT

第10回東大院生によるミニレクチャプログラム

 

 

東大FFPで「アクティブラーニング」という教育手法を学んだ大学院生・若手教員によるレクチャを行います!


第10回東大院生によるミニレクチャプログラム

■日時: 2018年2月27日(火) 16:00~18:00(15:30受付開始)

※今回は事前勉強会の開催はありません。

■プログラム: (司会)正木郁太郎

  • 16:00~
    • オープニング 「図書館から始まる!新しい学びと出会い」: 栗田佳代子 准教授(東京大学大学総合教育研究センター)
    • 「東大院生によるミニレクチャプログラム」の意義、そもそも東大FFPとは何か?など、企画の趣旨を語ります。
  • 16:10頃~
    • ミニレクチャ1 「呼吸で重症を見分ける」: 講師 麻生将太郎さん (医学系研究科)
    • ミニレクチャ2 「本当は身近な精神疾患」: 講師 金原明子さん (医学系研究科)
    • ミニレクチャ3 「牛の繁殖ことはじめ」: 講師 石山大さん (農学生命科学研究科)
    • ミニレクチャ4 「情報を食べる~食品属性の分類~」: 講師 伊藤暢宏さん (農学生命科学研究科)
    • ミニレクチャ5 「資源枯渇とは ~資源は本当になくなるのか?~」: 講師 横井崚佑さん (工学系研究科)
    • ミニレクチャ6 「モノの政治性」: 講師 見上公一さん (教養学部附属教養教育高度化機構)
    • 東大FFPで教え方を学んだ成果を活かして専門外の人にもわかりやすく伝えます。
    • 講師と参加者が双方向で議論する、新しい教育のスタイルを実際に体験できます。
    • レクチャ終了後、授業開発上の工夫点を講師が解説します。
    • 記念すべき第10回目の今回は、FFPの授業で優秀なレクチャをした6名がミニレクチャを行います!

■会場: 東京大学 本郷キャンパス 福武ホール地下1階 講習会コーナー

■定員18名 (事前申込推奨)
※予約なしでも当日参加可能です。(席がなくなり次第、締め切りとさせていただきます)
満席の場合、事前申込の無い方はお座りいただけない場合があります。

■申込方法: 下記WEBサイトの申込画面からお申し込みください。
https://webform.adm.u-tokyo.ac.jp/Forms/mlp10/

■お問合先: 東京大学附属図書館 新図書館計画推進室
E-mail: ac-info*lib.u-tokyo.ac.jp(*を@に直してください)
TEL: 03-5841-2613

※当日の講演の様子を撮影・録画し、新図書館計画Webサイトに掲載します。また、ミニレクチャプログラムや新図書館計画に関する広報に使用することがあります。ご了解ください。

※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。


「東大院生によるミニレクチャプログラム」は、新図書館計画 Academic Commons Supporter の発案により、図書館でのアクティブラーニング実践の一環として実施しています。

●主催:東京大学大学総合教育研究センター / 東京大学新図書館計画推進室
●企画・協力:新図書館計画 学生ボランティア アカデミックコモンズサポーター(ACS)
●講師:東京大学フューチャーファカルティプログラム(FFP)の修了生


*アカデミックコモンズサポーター(ACS)
(Twitter) https://twitter.com/acsUTokyoNewLib
*東京大学新図書館計画Twitter、Facebook
(Twitter) https://twitter.com/UTokyoNewLib
(Facebook) https://www.facebook.com/UTokyoNewLibrary
*東京大学フューチャーファカルティプログラム(FFP)
http://www.utokyofd.com/ffp/

 

 

トップへ戻る