東京大学新図書館計画公式ウェブサイト。最新情報をお届けします。

東京大学

東京大学新図書館計画

終了しました

第2回U-PARLシンポジウム「むすび、ひらくアジア2:アジアの〈共有〉・知の〈共有〉」

 


※古い建物ですので、会場内も寒さが予想されます。防寒対策にはくれぐれもご留意ください。

プログラム
12:30 開場
 13:00-15:35 [第1部] 司会/徳原靖浩(U-PARL特任助教)
  開会の辞 蓑輪顕量(U-PARL部門長、大学院人文社会系研究科)
  趣旨説明 冨澤かな(U-PARL副部門長)
  近世中国における「法帖」の刊行・流通と書文化の変容について
増田知之(安田女子大学文学部)
  イスラーム地域における知の獲得と利用――ウラマーとマドラサと図書館
三浦徹(お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科)
  地域研究情報基盤による「地域の知」の蓄積・共有・利用の事例について
原正一郎(京都大学地域研究統合情報センター)
  日本における「知」の蓄積と共有――日本史史料の所蔵のあり方から考える
久留島典子(東京大学附属図書館長、史料編纂所)
  コメント 中島隆博(U-PARL兼務教員、東洋文化研究所)
 15:50-17:00 [第2部] 司会/齋藤希史(大学院人文社会系研究科)
  パネル・ディスカッション
増田知之、三浦徹、原正一郎、久留島典子、中島隆博
   閉会の辞 有田伸(U-PARL兼務教員、社会科学研究所)
開催日2017/01/29
終了日2017/01/29
タグ :
トップへ戻る