東京大学新図書館計画公式ウェブサイト。最新情報をお届けします。

東京大学

東京大学新図書館計画

終了しました

講演会「21世紀の図書館の指針-ドイツにおけるグリーンライブラリー、ハイブリッドライブラリーの実践-」(東大新図書館トークイベント15)

東京大学附属図書館では、現在進行中の新図書館計画に関連するトークイベントをシリーズで開催しています。第15回目となる今回は、ベルリンの図書館より2名のゲストスピーカー(Klaus Ulrich Werner氏およびJanin Präßler氏)をお招きして、講演会を開催いたします。


event15

近年、特に欧州では、図書館を環境に配慮した建物としたり、図書館による環境を意識した取り組みが進められ、それらはグリーンライブラリー(Green Library)という概念として定着しつつあります。また、学術情報の電子化が進み、図書館の役割として、デジタル機能の充実がより一層求められています。

東京大学附属図書館では、新図書館計画に基づき、総合図書館本館の改修や新館の建設というハード面での図書館改革を進めるとともに、従来の図書館機能や附属図書館の使命・役割を改めて見つめ直しているところです。

グリーンライブラリーとして著名なベルリン自由大学文献学図書館(Philological Library, Free University of Berlin)の事例や、ベルリン国立図書館(Berlin State Library)におけるハイブリッドライブラリー(Hybrid Library)へのアプローチや戦略のお話を通じて、サステイナビリティやデジタル機能の観点から新しい図書館機能を構築する可能性を探ります。


*ポスターPDF版はこちらからダウンロードできます。

タイムテーブル ※日独の逐次通訳つき
13:30-13:35 堀附属図書館副館長より開会の辞
13:35-13:45 Richter-Ngogang東京ドイツ文化センター図書館長より挨拶
13:45-14:25 Werner氏講演
14:25-15:05 Präßler氏講演
15:05-15:15 休憩
15:15-15:35 川添准教授講演
15:35-15:55 生貝特任講師講演
15:55-16:25 ディスカッション・会場質疑
16:25-16:30 石田教授より閉会の辞

*当日の講演の様子について、録音・録画・写真撮影を行う予定ですのでご了承ください。詳しくは後日ご案内いたします。

*このイベントでは、東大新図書館Twitterからハッシュタグ「#ベルリン新図書館」で情報発信します。興味のある方、講師に質問などがある方は、このハッシュタグを付けてぜひツイートしてください。

*東京大学新図書館計画Twitter、Facebookもご覧ください!
(Twitter) https://twitter.com/UTokyoNewLib
(Facebook) https://www.facebook.com/UTokyoNewLibrary

主催:東京ドイツ文化センター、東京大学附属図書館

開催日2015/11/03
タグ :
トップへ戻る